営業報告書 東横INN
会社情報トップ >営業報告書
第33期 営業報告書
(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)

1.当社の現況に関する事項

事業の経過及び成果

【経済環境】

当期における我が国の経済は、景気の緩やかな上昇が続き、企業の収益性が持続して改善されたことを背景に、個人消費が底堅い動きを増してきております。先行きにつきましては、国際経済は不安定要因を抱えながらも、回復基調が継続し、国内経済も上昇には一服感がみられるものの、長期的には拡大傾向が続く見込みです。

【事業の経過】

◆当期業績
ホテル業界におきましては、訪日外国人が暦年ベースで2,869万人と過去最多になる一方、2020年の東京オリンピックに向け、都市圏において、異業種の進出も含め、客室数が急激に増加しています。顧客の獲得に向け、競争が激化しております。
こうした混迷さが増す競争環境の中において、当社は、一人でも多くのお客様に「清潔・安心・値ごろ感」の東横INN QUALITYを提供するという従来からの経営理念を貫き、激化する競争に勝つために日々努力を重ねております。

具体的には
【稼働】において、

  • 客室を売り切る
    各店舗の支配人は自店舗の立地や顧客層の構成など店舗の特色をよく理解し、自店舗の強みを生かした営業戦略を組み立て、1室でも多く客室を売ることに努めました。
  • 新規顧客の開拓
    引き続き個人会員の獲得に注力しながら、支配人は地域に密着した地道な営業活動を展開し、新規顧客の開拓に努めました。
  • 集客の道具を上手に使う
    様々なお客様のニーズに応え、お客様の利便性を高めるためのサービスや集客の道具
    ――即ち会員割引、公式HP割、ブロックレス、すいすいチェックイン、公式ホームページなど――
    を活用し、新規およびリピーターのお客様を増やす努力をしました。

【原価】において、

  • 人員配置、仕事分担の見直し
    支配人で組成された各委員会、プロジェクトを通し、店舗の適正な原価、人員を研究し、現場のヒト・モノ・カネにおける無駄を省くことを目指しました。一方、本社では経理システムを一新するなど、現場の負担を少しでも軽減できるように努めました。
  • 壊れる前のメンテナンス
    設備の耐用年数、使用上の注意点、お手入れ方法などを全店で情報共有すると同時に、天候・季節によって発生し得る設備のトラブルを予想し、事前に備えることにより、設備に起因する運営上の支障をなくす努力をしてまいりました。
  • 【海外店舗支援】において
    東横INN QUALITYの徹底と問題点の吸い上げ
    海外においても、東横INN QUALITY は経営上の強みと考え、海外店舗の運営のサポートをしながら、国内の店舗から現地の店舗にスタッフを派遣し、ノウハウを伝授することにより、サービスの標準化を図りました。

以上の通り、第33期においては、これまでの安定成長の中、「守り」に陥りやすい店舗運営を、厳しい環境に対応できる積極的な営業姿勢に切替え、一方、それをサポートするためのサービス・社内システムの一層の充足化も図ってまいりました。

◆事業の成果

第33期の決算数値は以下のとおりとなりました。

売上高につきましては84,859百万円、前期対比2,889百万円の増加となりました。経常利益は15,668百万円、と前期に比べ1,778百万円の減少となりました。
また、配当につきましては、利益還元方針に基づき1株あたり115,000円の配当とし、昨年と同額といたしました。

【新規開業店舗】
ホテル番号 開業日 ホテル名 部屋数
269 H29.4.27 東京駅八重洲北口 101室
258 H29.6.29 セブ 582室
270 H29.6.21 群馬伊勢崎駅前 246室
271 H29.7.25 新居浜駅前 246室
273 H29.9.13 津駅西口 220室
288 H29.11.3 成田空港新館 540室
274 H30.1.15 彦根駅東口 246室
28 H30.2.28 名古屋名駅南 805室
276 H30.3.16 新大阪東三国駅前 246室
277 H30.3.24 仁川富平 512室
【増室店舗】
ホテル番号 開業日 ホテル名 部屋数
37 H29.6.1 成田空港本館(改修) 370室

平成30年3月末現在で、273店舗、総客室数56,474室

【社会貢献活動】

当社は、「企業市民として社会に受け入れられ」、「青少年に夢と感動を与えたい」、「地域の活性化と発展に貢献する」を基軸に幅広く社会貢献活動に取り組んでおります。

  • ① 当社はアジアを中心に貧困の中で暮らす子どもの健やかな成長、家族と地域の自立を支援している「特定非営利活動法人チャイルド・ ファンド・ ジャパン(旧名:CCWA国際精神里親運動部)」を通じて、フィリピンの子どもたちの成長を支援しています。
  • ② 当社は海外支援活動の一環として、「公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)」の活動を推進しています。カンボジアの学校建設を目的として各ホテルにて募金活動を行っています。平成22年の東横イン「ラオッ小学校」に続き、平成27年10月に2校目の「ドムナック・トマイ小学校」が完成しました。
  • ③ 当社は、医療が十分行きわたっていない地域の状況を改善する一環として、「公益社団法人日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)」の活動を、VODの売上金の一部を寄付して、応援しています。
  • ④ 当社は地域との共存を目指し、地域の方々との交流を深めてきました。その一環として、地域の小学生向けに「はじめての出張」を企画・実施しております。小学生が親元を離れて ビジネスホテルに宿泊するという体験型社会勉強企画が保護者、学校関係者から非常に好評を得ております。
    当期においては21店舗にて実施しました。
  • ⑤ スポーツを通じ、未来を担う世代に夢を与えることを願い、「特定非営利日本活動法人日本ジュニアゴルフ協会(JJGA)」のスポンサーとして平成29年11月18~19日、11月25~26日に 「東横インジュニアゴルフオープン」を開催しました。
  • ⑥ 当社は、クラシック音楽の力で人と人をつないでコミュニティを活性化させ、かつ若手演奏家の育成支援も目的として活動する「一般財団法人100万人のクラシックライブ」に賛同し、「100万人のクラシックライブ@東横INN」を平成26年11月30日よりスタートさせ、当期では179回を実施しました。
  • ⑦ ART FACTORY城南島はアーティストの活動を支援し芸術文化の振興を主な目的とする施設です。アーティストが制作・発信・交流できる新たなコミュニティの基盤となるよう環境を整備していきます。また、城南島という羽田からアクセスしやすい好立地を生かし 、アートだけではなく、モノづくりの町としての大田区の技術を国内外にアピールする場として活用し、地域活性化・国際交流などを促進し、大田区生まれの企業として地元に還元していくことを目指しています。
  • ⑧ 当社はタイバーシティへの取組みおよび今後の海外展開を見据え、海外の大学生のインターン生の受入を積極的に行っております。当期は4か国、計21名の学生を迎えました。学生には日本のビジネス文化と「おもてなし」の心を学んでもらい、当社スタッフも彼らとの交流を通して他言語や異文化に触れ、世界に通用できる国際人を目指します。
  • ⑨ 当社は「一人でも多くの方にできる限り公平かつ快適にご利用いただけるホテルづくり」の一環として、「障がいのある方を全店で雇用するよう」力を入れて推進しております。
  • ⑩ 当社は、「社会の皆様がよりよい人生を過ごせるお手伝いをする」ということを使命と考えております。このような使命を実現する一環として各種団体への寄付や協力を積極的に展開しております。
寄付・協力団体一覧(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
寄付・協力先団体名
(1) 特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン
(2) 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
(3) 公益社団法人日本キリスト教海外医療協力会
(4) 公益財団法人交通遺児等育成基金
(5) 公益財団法人全国防犯協会連合会
(6) 公益社団法人企業メセナ協議会
(7) 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
(8) 一般財団法人 内観

当社は第34期も、広く社会の皆様から信頼され、受け入れられる「きれい、安心、便利、安い」日常型ホテルに徹し、いかなる環境変化にも耐えうる経営基盤の構築を目指し、事業計画の達成に向け全力で取り組んでまいります。

株主の皆様並びにオ-ナー様、金融機関の皆様をはじめ関係各位におかれましては、なにとぞ、従来にもまして、ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。


(2018年6月29日現在)